【球体関節人形】腕を細く!妥協しつつの修正作業

 29, 2017 21:40
太かった腕を1/2まで細くしました
発泡スチロールから作り直さずに修正したのですが
この作業が結構大変過ぎました

面倒くさい事嫌いなはずなのに 選ぶのは面倒くさい方法٩(๑´3`๑)۶

20170529 球体関節人形 上半身

大変だった分、以前より華奢な感じになったはず

腕が2倍の太さだったものを、わざわざサイズダウンした理由は
球体を入れると、頭より肩幅が出て違和感でそうだったから

人形である限り「可愛さ」を優先すると、人間とは違うバランスにしなきゃなりません
ごつい幼児人形なんて可愛くないですからね( -`Д´-;A)

細くするためには、空洞を埋めなければなりませんでした
中身の発泡スチロールから作り直した方が楽だったとは思うのですが
切り出すのが面倒くさいと思ったので、失敗した腕を利用しました

その方法は・・・
手首側の穴に硬い粘土をぶち込んで、蓋をします(竹串を刺しときます)
反対側から竹串の刺してある空洞に、ゆるゆるの粘土液を流し込んで固めるという方法
コンクリート作業みたいな感じ_(┐「ε:)_

私は削った粘土カスを保存して、水で溶いて練り直して
粘土に再利用してるのですが それが今回非常に役立ちました
硬さはクリームより硬く、でもボテっと簡単に落ちる程度の緩さが良かったです

中にいれた粘土の水分を吸って、腕自体が脆くなるので要注意です
手早くゴムの通る穴を作りつつ(竹串をグリグリ回すと穴が広がる)
水分が浸透する前に、乾燥台においてそのまま触れずに数日放置

これで空洞が埋まるので、完全に乾燥してから腕を1/2まで削りました
再利用した粘土なので密度が詰まってない所も出てくるかもしれません
そこは削って盛るなり補強します
表面さえ無事なら無問題

そんなこんなで 本日やっと腕が7割ほど完成しました
細かい所の造形は未完だなーって感じです

20170529 球体関節人形 上半身 横から

胴体も削りまくったので、中を再利用粘土で埋めています
かなり重量感が出てしまったので、造形に満足できそうだったら中を削ります
腕を細くしたので肩幅も狭くしました
そして、幼児人形なのにクビレがあったので、腰を細くお尻を出しました
幼児体形の柔らかさを表現できたか謎ですが頑張ったと自画自賛


目の穴が自分では上手に出来ないので、少し穴を開けて放置しています
でも、目玉を入れてみたくなって手持ちの眼球で合うものを探してみました
この茶色が綺麗なんだけど、大きすぎる・・・
手持ちので済ませたいんだけど( ;´Д`)<無理かなぁ

20170529 球体関節人形 顔 ガラスアイ

明日、粘土教室なので午後は必須に修正してました
手を加えるといつまでも終わりが見えてきません

まだ胴体を削った方が良い気もするし
顔も不満足だし、足も長さ変更したい気もするし・・・
アレコレまだまだ修正したいけど、とりあえず先生に見て貰って考えます

今日は力尽きたので粘土は終わりw
明日の教室で俎板の鯉として料理されてきます(・ε・`)
関連記事
スポンサーサイト


Knit+ minne gallery

ランキングに参加中です。良ければポチっと応援お願いします。↓
拍手ボタンも押して頂けるとヤル気になります( ✧Д✧)!!
Please Click Ranking Button♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(小物)へ にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

Tag:創作人形 Doll 球体関節人形

COMMENT 0

WHAT'S NEW?