中国の編物本から 孔雀の羽模様のショールを編む

 15, 2017 13:33
2014年に輸入した中国の編物本からショールに挑戦

20170315 中国の編物本 孔雀の羽模様のショール

これ以外の本はコチラを参照
それらの本はKnit+のネットショップで販売中です♪


こちらの本の作品には名前が付いておらず、全て番号(作品08)になっています
なので、解らなくなった時に検索する場合
すごーーーーく困りました

中国語を駆使して検索のプロであるワタシにかかれば
あっという間に解決(´‘c_,‘` )<しない事も多々ある

これは孔雀の羽模様なので、そこから導き出してなんとか解決させました
他の作品で特徴が少ないものだと凄く大変だと思う・・・

こちらの作家さんは、私が編み物界で一番大好きな人です
凄く繊細で素敵 そして面倒くさい作品を沢山発表していて
編み図と作成方法の動画等みるとウキーっと発狂しそうになります
そこがイイ+゚。*(*´∀`*)*。゚+

日本の作家の話はサッパリ分からないけど(ニットの貴公子は別)
海外作品をパクったものが本に載っているのに気が付いたら
なんだかなーっと思っちゃってねぇ( ;´Д`)<衣類はパクリ率高い

まぁ海外も日本の編物作品パクってるんで、なんだかなーっと思うんだけどw
こちらのパクリはあみぐるみや雑貨系が多いので
お互い得手不得手をパクリあって補ってる感じがします

それを性格の悪いワタシはニヤニヤしながら眺めてる゚゚+.(ノ*・ω・)ノ*


20170315 中国の編物本 孔雀の羽模様のショール

最初のうちは編むのは問題ないのですが
独自記号(洋書の略語を中国語で解説したようなもの)が難しい

そして 編み図が結構間違ってるw

抜けてる所や 段数が突然減ってたり( ;´Д`)
138段目の次が 123とかに戻ってカウントされているので
トータルの段数も多分書いてるものと違うはずw

編みながら前段と次の段を見比べて、目数があってるか数えて
頭使って考えながら編む事が必須だったりする

これも 編み図を信じて編んで 前段1目足りなかったじゃん!っとか
間違えながら解決して分かった事・・・

他の作品の編み図も間違ってる所多そうw

何とかかんとか後半まで編めています
20170315 中国の編物本 孔雀の羽模様のショール

写真の様な繊細な孔雀の羽模様になるといいな・・・
最初の方で、中国語の理解が足りなくて
間違ってる部分があるけど(多分。それさえも分からんw)
まぁご愛敬よね!!

完成したら雪の中 撮影するんだー
楽しみー( ´∀` )
関連記事
スポンサーサイト


Knit+ minne gallery

ランキングに参加中です。良ければポチっと応援お願いします。↓
拍手ボタンも押して頂けるとヤル気になります( ✧Д✧)!!
Please Click Ranking Button♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(小物)へ にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

Tag:

COMMENT 0

WHAT'S NEW?