棒針 ツバから編むキャスケット 基本編

 06, 2014 10:43
帽子のツバから編む方法を紹介します
ツバって漢字で書くと「鍔」になるのかなーぁ?
(竹刀や刀でしか聞いたことないオシャレに無縁な私)

まぁ帽子の先っちょから編む方法ですよ 奥様

ココから天辺へぬーんと編んでいきます
20141106 帽子のツバから編む

・帽子のツバは芯が入ってます
芯は手芸店で購入しても良いですが
100均で売っている硬めのファイル表紙を切り取ったり
100均で売っている帽子の芯を流用したり
お安く作って下さい

この方法は元々は中国で紹介されたものです
が、日本では何故か紹介されていません なんでだろう?
(検索した限り1件も出てこなかった不思議)
私はロシアサイトを参考にしました*理由後述

お試しで編んだので、写真は参考程度にしかなりません
20141106 帽子のツバから編む
↑色々改良したいので解く予定です


編み方紹介
の前の下準備

材料
・糸 中細~並太
(写真のはアラン用を使って 厚みが出すぎて失敗 細目が無難)
・棒針 輪針 2本 か 棒針 5本

・帽子デザインの参考にする本
 サイズや目数を流用します
 割り出しても良いですが、途中でサイズ調整や確認が出来ないので
 最初から基本にするのを用意する方が楽

簡単な解説

1)つま先から編む靴下の増やし目を応用してツバを作ります(袋状になります)

2)2段で両端1目増加を繰り返し、お好みのサイズまで編み上げる
(基本 15段~20段以内)

靴下のつま先状態の部分に芯が入って 帽子のツバになります。

3)言葉の説明難しいので、足の甲と裏を使って解説します

別糸で鎖編みを編んで、そこから目を拾って足の甲側と連結
かぶり口を編みます(ゴム編みで数段 あまり長くしない方が良い)

編み終わったら休ませて置きます
次は足の裏側も同じ繰り返しになります
甲側で使った別糸から目を拾って連結して編んで
かぶり口を編んだら、折りたたんで甲と裏+かぶり口を綴じます

かぶり口は2重になるので厚みが出ます
なので、細めの糸を使うか
ツバを一度縫い綴じてしまうか一考して下さい
その際、芯の重みでツバが垂れる可能性もあります
*ここが編み直しして試したい理由

4)あとは基本にする本の帽子を編んで終わり

かぶり口部分は別糸の目を両側から拾うので
解いた際にバラバラにならないよう注意して下さい
太目のゴムを入れると厚みが多少あってもマシかもしれない・・・


元々は中国サイトの情報らしいのですが
画像に簡体漢字で解説されているので、理解不能です
一応中国サイトもチェックしたのですが翻訳不可能でした
(重い 表示されない サイトが使いにくい)

で、ロシア語サイト アラビア語サイトを見て
写真から「予想」して編んでみました(´ДÅ)<大変だったよぉぅ

中国語解説より、ロシアの方が判りやすかったです
アラビア語はムリでした\(^o^)/<流石に予想さえ出来んかったわw

興味のある方は連絡くださればロシアサイト教えます
中国サイトは自力で探し出してください
ロシアの方は詳しい解説とロシアでのやり方が比較できて面白かったです

こういう着眼点?や発想は面白いですね
ツバから編みたい→靴下の編み方応用って頭良いですよねぇ
日本じゃ出てこない発想だなーって編みながら思いました

綺麗に美しく本の通りの方法で編まなくても良いんだよ!
手軽にそれなりに見栄え良ければ!って感じ?

英語圏の作品も良いけど、中国やロシアはアイデア自体が凄い豊富です

ふらふらネットの海を彷徨って
アラビア語やロシア語にたどり着いて困ったけど
面白い情報って結構簡単に見つかるものですね
便利で良い世の中になったもんです(*゜∀゜)=3


応用編は 試作(ツバ部分だけ袋状とサイズ調整の目数割り出し)が終わったら
写真解説で詳細に書く予定です
ま、未定だけどネ ε- (´ー`*) フッ
関連記事
スポンサーサイト


Knit+ minne gallery

ランキングに参加中です。良ければポチっと応援お願いします。↓
拍手ボタンも押して頂けるとヤル気になります( ✧Д✧)!!
Please Click Ranking Button♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(小物)へ にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ

COMMENT 0

WHAT'S NEW?